言葉のみずうみ

コピーライター・二階堂薫の日記

11月22日(火)

福島沖に地震津波。もうどこも揺れてほしくないし、怖い想いをする人が1人でも少ない世の中であってほしい。昼一番に大学でHIMEJI NAVIの打ち合わせ(に遅刻)、デスクに少し座って細々とした用を済ませ、夕方、東灘区役所へ。今年度のomusubiは、これまでとはがらっと異なり、おもしろくなりそうだ。割り付けをどうしたものか、紙面が足りないぞと悩ましいものの。いったん家にもどって荷物を置き、ガハハハウスの5周年をお祝いしに。外国の方に喜んでもらえるよう、萩月の和の小袋に入ったおかきのセットを持参。人がぎゅうぎゅうで、ごあいさつだけして帰ってきた。人が大勢いるところ、相変わらず苦手だなぁ。

広告を非表示にする